トップページ >blog

3月ですね

もう今年も残すところ10ヶ月・・・

なんていうほど日々が加速して進んでいくような実感があります。

DSC_3823

さて、H様の民家改装工事も始まりました。

細工は隆々仕上げろ御覧じろですね。

視察

お陰様というかまたも地元での工事依頼で。

民家の改装工事を承りました。

DSC_3814

この家屋をコミュニテイの場としても利用できるよう改装します。

コストを抑えて上手に頑張ります。

新築祝い

DSC_3804

先日お引渡しのN様に新築祝いのプレゼントです。

青森ヒバのダイニングテーブルを作成中~

社屋

某食品会社の社屋の改装でトイレの新設工事に参りました~



DSC_3798

ピヨちゃん手際よくパーっとこなしてグイグイ勧めてね~(ミスター風)

講師として

先日、娘の通う小学校で生涯学習という授業があり、

職業というテーマの中で、大工として児童にお話をさせて頂きました。




他に招かれていたのは美容師、カーディーラー、ケーブルテレビ、保育士さんなど。

なかなかバラエティーに富んでいますね。



講義はグループに分かれて各教室のローテーションで仕事の紹介を軸にやりましたが、

「どういった仕事なのか?」

「その仕事の大変なところはなにか?」

「どうやったらその仕事に就けるのか?」

などなど色々な質問が飛び交いましたね。



広義的に解釈すればこの仕事はモノづくりであり、

自分の手で手がけることの達成感や満足感を得られるという事とともに、

手がけたものにお客さんが「良かった」「ありがとう」などの言葉が貰えたら最高だな~とお話させて頂きました。



また、基本的なところで、挨拶や返事がしっかりと出来ないと通用しないなど。



言ってしまえば極めて普通の事なのでしょうが、その普通こそ普通に出来るよう願いたいな~と。




1476


そして興味を持った児童の中でいつか弊社の門を叩く子が出て来たら面白いな~と。




時間の都合上多くは話せませんでしたが、ほんの少しでも憶えてくれていると嬉しいもので。



授業後、給食を児童と一緒に頂きました。

なんだかとても懐かしかったですね。



娘は恥ずかしいのか殆ど相手にしてくれませんでしたが(笑)



貴重な機会を下さった小川先生を始め、職員の皆様、ありがとうございました。

大盛況でした

今回はかなり直前までの追い込みが厳しかったことはありましたが、

無事に「薪ストーブのある住まい」の完成見学会を盛況のうちに終えることが出来ました。

弊社の家づくりは「自然素材」と「高断熱」に「遊び心ある造作」が基軸ですが、

そこにお客様の暮らしの在り方として「薪ストーブ」と「防音室」が加わり、

非常に愛着の持てる住まいが完成しました。



そのような見どころ満載の住まいだったからか、はてまた徐々に弊社の認知度が高まってきたからか、

お陰様で2日間で100名を超すご来場を頂きました。

n1

DSC_3764



どなたも様々に関心を持ってご見学頂けたことが嬉しく思います。

この見学会を通じてプランニングや土地探しのご依頼も頂きましたが、また気を引き締めて臨ませて頂きます。



今回の見学会に際し、ご協力いただいたお施主様をはじめ、

駐車整理や差し入れを頂いた協力業者の皆様にはこの場を借りて熱く御礼申し上げます。
   

比率

ここひと月お陰様で新築のお問い合わせが増えておりまして、

プラン依頼も複数同時にこなしながら殆ど日替わりで各物件を進めています。

そんな状況も相まって、今月は殆ど現場に出ても作業指示と監督ばかりで、

職人としての業務まで出来ない日々が続いています。




もちろん現場にはうちの要のピヨちゃんをはじめ、腕のいい職人さんが頑張ってくれているので、

着実に工事は捗るのでいいんですが、

やっぱ自分で現場を叩いて、その出来上がりに自画自賛したいな~と。(笑)

離れたとこから現場を見ると職人みんな楽しそうだな~と。

要は現場が羨ましいのかな?




もちろん設計もお見積もりも工務は大切ですし、

それを現場で確実にフィードバックさせることも大切です。




森下工務店としてそれを一丸となって達成できればこの上ないですね。




明日は完成見学会。

薪ストーブに防音室や吹抜けに造作など見所満載の物件です。

この「知ってもらう」という努力も怠らずに。



全ての業務を一所懸命で。
 

雪ですね

canvas

午後には殆ど溶けましたけどね。

雪景色が貴重だったのでパチリと。

続・どんど焼き

先日のどんど焼きで残った団子。

DSC_3536

すいとんになってカムバックで。

間違いなく美味しいですが、色と形がね。

まあ、こうして楽しむことにバチは当たらないですよ?きっと。

どんど焼き

DSC_3530

もはや粘土細工にしか見えない


1 / 512345